テクノロジー大手、2024年の選挙に向け責任あるAIで合意

2月16日、大手テクノロジー企業は、ミュンヘン安全保障会議(MSC)において、40カ国以上で40億人以上が投票する今年の世界中の選挙において、欺瞞的なAIコンテンツが選挙を妨害することを防止するための支援を約束した。


「2024年の選挙におけるAIの欺瞞的使用に対抗するための技術協定」は、有権者を欺くことを意図した有害なAI生成コンテンツに対抗する技術を展開するための一連の約束である。署名者は、このようなAIコンテンツのオンライン配信を検知して対処するためのツール、教育キャンペーンの推進、透明性の提供など、具体的な措置について協力することを誓約している。また、欺瞞的な選挙関連コンテンツの出所を追跡することの重要性や、この問題に対する一般市民の認識を高める必要性など、広範な原則も盛り込まれている。本協定は、有害なAIコンテンツからオンライン・コミュニティを守るための重要な一歩であり、各企業の継続的な取り組みを基盤としている。


本協定が扱うデジタルコンテンツは、AIが生成した音声、動画、画像で構成され、政治家候補者、選挙管理者、その他民主的選挙における重要な利害関係者の外見、声、行動を欺瞞的に偽ったり改変したりするもの、あるいは有権者に対し、いつ、どこで、どのように投票できるかについて虚偽の情報を提供するものが含まれる。

署名したのは、 Adobe、Amazon、Anthropic、Arm、ElevenLabs、Google、IBM、Inflection AI、LinkedIn、McAfee、Meta、Microsoft、Nota、OpenAI、Snap、Stability AI、TikTok、TrendMicro、Truepic、X。


参加企業は以下の8つの具体的なコミットメントに合意した。

  • 適切な場合にはオープンソースツールを含め、欺瞞的AI選挙コンテンツに関連するリスクを軽減する技術を開発し、実装する
  • 本協定の対象となるモデルを評価し、欺瞞的AI選挙コンテンツに関するリスクを理解する
  • 自社のプラットフォームにおけるこのコンテンツの配信を検知するよう努める
  • 自社のプラットフォームで検出されたこのコンテンツに適切に対処するよう努める
  • 欺瞞的AI選挙コンテンツに対する業界横断的なレジリエンスを醸成する
  • 同社がどのように対処するかについて、公衆に透明性を提供する
  • 多様なグローバル市民社会組織、学識経験者と継続的に関与する
  • 国民の意識、メディアリテラシー、社会全体のレジリエンスを育む取り組みを支援する

【参照ページ】
(原文)Technology industry to combat deceptive use of AI in 2024 elections
(日本語参考訳)テクノロジー大手、2024年の選挙に向け責任あるAIで合意

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る