リオ・ティント、オーストラリア初のギガワット規模の太陽光発電所から全電力を購入する25年契約を締結

リオ・ティント、オーストラリア初のギガワット規模の太陽光発電所から全電力を購入する25年契約を締結

1月24日、世界的な鉱業・金属企業であるリオ・ティントは、再生可能エネルギー開発業者であるヨーロピアン・エナジーとの間で、オーストラリア初のギガワット規模の太陽光発電プロジェクトであるアッパー・カリオペ・ソーラー・ファームからの全電力を購入する25年間の新たな電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。

リオ・ティントによると、この巨大太陽光発電所が承認され開発されれば、年間180万トンの二酸化炭素排出量を削減できる可能性があり、2030年までにスコープ1と2の排出量を半減するというリオ・ティントの目標をサポートし、ボイン・アルミ製錬所、ヤーウン・アルミナ製錬所、クイーンズランド・アルミナ製錬所を含む、リオ・ティントの3つのグラッドストーン生産資産の電力を賄うことができる。

グラッドストンから約50キロに位置する1.1GWのアッパー・カリオペ太陽光発電所は、現在開発とグリッド接続の承認待ちで、2400ヘクタールをカバーし、クイーンズランド州の現在の需要の約5%を満たすのに十分な電力を供給する見込みだ。

本プロジェクトは建設に2年を要し、2025年か2026年の着工を目標としている。

【参照ページ】
(原文)Rio Tinto to drive development of Australia’s largest solar farm at Gladstone
(日本語参考訳)リオ・ティント社、グラッドストーンでオーストラリア最大の太陽光発電所開発を推進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る