エンジンメーカーCummins、人種・ジェンダー平等推進ファンドに約7億円を出資

9月8日、エンジンメーカーCumminsは、有色人種や女性が経営する米国企業に投資するインパクトファンド Reinventure Capital と500万ドル(約7億円)のパートナーシップ投資を行うと発表した。

Reinventureは、パートナーに対して、多様なポートフォリオ企業へのアクセスを通じて人種・ジェンダー平等を推進する機会を提供し、競争力のあるリターンの達成を目指す。

Cummins Advocating for Racial Equity(CARE)は、黒人に対する制度的差別に対処し、米国における人種的公平性を推進する活動において決定的な行動を取るために2020年に発足した。本活動を達成するために、CAREは、刑事司法改革・社会司法改革・警察改革・経済的権限付与という4つのフォーカスエリアにわたり、Cumminsのすべての能力と資源をまとめて、同社が活動するコミュニティにおける変化をリードしている。

女性や非白人の経営者が設立し率いる投資ファンドが見過ごされがちな状況において、CumminsとReinventure Capital のパートナーシップは、社会、環境、経済に過激なインパクトを与えるリターンを提供し、アメリカの黒人の経済的公正さを前進させている。

【参照ページ】
(原文)CUMMINS ADVOCATING FOR RACIAL EQUITY (CARE) INVESTS IN A SUSTAINABLE FUTURE THROUGH PRIVATE EQUITY PARTNERSHIP
(日本語訳)Cummins、有色人種や女性が経営する米国企業に投資するインパクトファンドを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る