エンジンメーカーCummins、人種・ジェンダー平等推進ファンドに約7億円を出資

9月8日、エンジンメーカーCumminsは、有色人種や女性が経営する米国企業に投資するインパクトファンド Reinventure Capital と500万ドル(約7億円)のパートナーシップ投資を行うと発表した。

Reinventureは、パートナーに対して、多様なポートフォリオ企業へのアクセスを通じて人種・ジェンダー平等を推進する機会を提供し、競争力のあるリターンの達成を目指す。

Cummins Advocating for Racial Equity(CARE)は、黒人に対する制度的差別に対処し、米国における人種的公平性を推進する活動において決定的な行動を取るために2020年に発足した。本活動を達成するために、CAREは、刑事司法改革・社会司法改革・警察改革・経済的権限付与という4つのフォーカスエリアにわたり、Cumminsのすべての能力と資源をまとめて、同社が活動するコミュニティにおける変化をリードしている。

女性や非白人の経営者が設立し率いる投資ファンドが見過ごされがちな状況において、CumminsとReinventure Capital のパートナーシップは、社会、環境、経済に過激なインパクトを与えるリターンを提供し、アメリカの黒人の経済的公正さを前進させている。

【参照ページ】
(原文)CUMMINS ADVOCATING FOR RACIAL EQUITY (CARE) INVESTS IN A SUSTAINABLE FUTURE THROUGH PRIVATE EQUITY PARTNERSHIP
(日本語訳)Cummins、有色人種や女性が経営する米国企業に投資するインパクトファンドを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る