Watttron、持続可能な包装へのソリューションで約20億円を調達

3月27日、コンピュータ制御加熱システムの新興企業ワットトロンは、シリーズB資金調達ラウンドで1200万ユーロ(約20億円)を調達した。

2016年に設立され、ドイツを拠点とするWatttronは、高いコストや機械やプロセスの再構成要件など、パッケージング企業が持続可能な素材に移行するための課題に対処することで、持続可能な素材への移行を可能にすることを目的としたソリューションを提供している。コンピュータ制御加熱システムを使用するWatttronのソリューションは、製品のエネルギー要件を削減し、柔軟で高効率な生産の実現を支援する。同社の製品には、cera2sealとcera2heatがある。cera2sealとcera2heatは、軟包装業界が生産性や品質を損なうことなく、エネルギー消費を抑えながら持続可能な材料を加工できるように開発された熱成形・シールアプリケーションである。

今回のラウンドは、循環型経済ベンチャー投資家のCircular Innovation Fundと欧州循環型バイオエコノミーファンド(ECBF)が主導した。

【参照ページ】
(原文)Watttron Secures €12 Million SERIES B Funding to Advance its Sustainable Packaging Mission
(日本語参考訳)ワットトロン、持続可能なパッケージングミッションを推進するため1200万ユーロのSERIES B資金を獲得

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る