WASE、廃棄物発電技術で約160億円を調達

3月27日、クリーン燃料技術の新興企業であるWASEは850万ポンド(約160億円)を調達したと発表した。

バイオガスは、農業廃棄物、産業廃棄物、家庭廃棄物などの有機廃棄物から、廃棄物施設や埋立地の嫌気性消化槽で生産され、さらに処理されることで、バイオメタン/バイオLNGが生産される。バイオメタンは化学的には化石ベースの天然ガスと同じであるが、生涯温室効果ガス(GHG)排出量が大幅に少ないため、既存の送配電インフラを交換することなく、道路輸送や重工業など脱炭素化が困難なセクターの脱炭素化を支援することができる。

2017年に設立されたブリストルを拠点とするWASEは、廃棄物を再生可能なエネルギー源に変える技術を提供してきた。同社のEMR(Electro-Methanogenic Reactor)技術は、嫌気性消化プラント内のバイオマスや廃水中の有機物から生成されるバイオガスの量を最大化する。同社は、従来の嫌気性消化槽に比べ、バイオガス生成量を最大10倍の速さで30%増加させ、バイオガスのメタン含有量を80%以上増加させることができると述べている。また、同社のモジュール式システムは既存のインフラに適合し、現在利用可能なソリューションよりも50~70%小型化されている。

本ラウンドはExtantia Capitalが主導し、Hitachi VenturesやWEPA Venturesらが参加した。

WASEは、今回の資金調達で得た資金を、事業規模の拡大、契約済み案件の実行、適格なパイプラインのプロジェクト、製品提供の拡大に充てる。

【参照ページ】
(原文)WASE secures over £8.5M to scale waste-to-energy technology
(日本語参考訳)WASE、廃棄物発電技術の拡大に向け850万ポンドを獲得

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る