グリーン水素の新興企業Advanced Ionics、bp主導の資金調達ラウンドで約18億円を調達

グリーン水素の新興企業Advanced Ionics、bp主導の資金調達ラウンドで約18億円を調達

8月15日、クリーンテック新興企業であるAdvanced Ionicsは、1,250万ドル(約18億円)を調達したと発表した。今回の資金調達ラウンドの収益は、重工業の脱炭素化を支援することを目的としたグリーン水素製造技術の展開を支援する。

今回の資金調達は、エネルギー大手bpのベンチャー部門bp Venturesが主導し、Clean Energy Ventures、三菱重工業、GVP Climateなどの投資家が参加した。

水素は、クリーンなエネルギーの未来への移行における重要な構成要素のひとつであり、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的でない、排出量の削減が困難なセクターにとって重要である。水素を抽出するプロセスに再生可能エネルギーを利用するグリーン水素のようなクリーンな水素製造能力の開発には、インフラ、電解、輸送、貯蔵などの分野で大規模な投資が必要となる。

2017年に設立されたAdvanced Ionicsは、グリーン水素の大規模生産を目的としたソリューションを提供し、グリーン水素の生産コストの70%以上を電力が占めている高コストと電力要件など、グリーン水素の加速を妨げる主要な障害に対処する。同社の水蒸気電解槽技術「Symbion」は、グリーン水素製造に必要なコストと電力を削減し、オンサイトプロセスと産業現場からの廃熱を組み合わせている。システムは、他の電解槽で一般的な高価な材料の代わりに、広く入手可能な鋼鉄や他のシンプルな材料で作られている。

同社によると、本ソリューションによって可能になる電力需要の低減は、グリーン水素製造のコストを1キログラムあたり1ドル以下にまで下げることができるという。

投資に加えて、bpはAdvanced Ionicsとの試験的な機会を模索すると述べた。水素は、バイオエネルギー、利便性、EV充電、再生可能エネルギーと電力と並ぶ、bpの5つの移行成長エンジンのひとつである。bpは昨年、これらの移行成長事業への設備投資総額の割合を2025年までに40%以上、2030年までに50%程度に引き上げる計画を発表した。

【参照ページ】
bp Leads $12.5 Million Series A Investment In Low-Cost Hydrogen Electrolyzer Innovator, Advanced Ionics

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る