資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー)は、Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)に参加し、ポートフォリオの温室効果ガス(GHG)排出量を測定・開示することを約束したと発表した。

PCAFは、金融機関のグローバルなパートナーシップで、融資や投資に伴う温室効果ガス(GHG)排出量を評価・開示するための調和的なアプローチの開発・実施をミッションとして、2019年に発足した。同組織は発足以来、急速な成長を遂げ、280の署名機関に達し、75兆ドル以上(1京円)の金融資産を代表している。

2020年11月、PCAFは「金融業界のためのグローバルGHG会計報告基準」を発表した。これは、銀行、資産運用会社、資産所有者が融資や投資ポートフォリオによるGHG排出の影響を測定・報告するための、標準的で堅牢かつ明確な方法を提供するために策定されたものだ。PCAFによると、この基準は、融資による排出量を測定・報告するための世界的に最も広く使われている唯一の方法となり、最近、気候関連財務開示タスクフォース(TCFD)の金融サービス向け気候開示勧告に正式に組み込まれた。

PCAFの署名企業として、オークツリーは3年以内にポートフォリオのGHG排出量を測定し報告することを約束し、他のメンバーと協力してこれらの指標の信頼性を高め、金融機関の排出量目標設定戦略を定義する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Oaktree Joins Industry-Led Carbon Accounting Initiative PCAF

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る