SB Energy、Googleと再生可能エネルギー購入契約を締結

 

11月1日、ソフトバンクグループの米再生可能エネルギーに特化したプラットフォームであるSB Energyは、現在開発中の太陽光発電プロジェクト4件から約1GWの再生可能エネルギーをGoogleに供給する契約を締結した。

本契約(PPA)による再生可能エネルギーは、テキサス州ミッドロシアンにあるGoogleのデータセンターおよびダラスのクラウド地域の電力として使用される。

Googleの親会社であるAlphabetは、2020年に24/7 CFEの野心を発表し、2030年までに事業全体をカーボンフリーなエネルギーで運営することを目指している。24/7 CFEでの運用とは、同社が事業を展開するすべての地域において、毎日毎時、電力需要とCFEの供給とを一致させることを意味する。

Googleは今年初め、2021年のエネルギー使用量の66%が同目標に沿っていると明らかにしたが、利用可能な再生可能エネルギーの不足、サプライチェーンの混乱や相互接続の課題によるCFE建設の遅れなどの逆風が、目標への進展を遅らせているとも述べている。

PPAは、SB EnergyのOrion 1-3およびEiffel太陽光発電プロジェクトによる再生可能エネルギー120万kWの約4分の3を占め、2024年半ばまでに稼働する予定である。

SB Energyは現在、170万kWの太陽光発電設備を保有・運営しており、同社はインフレ抑制法の成立を追い風に、急速に規模を拡大していると述べる。来年初頭までに、さらに130万kWの太陽光発電設備の建設に着手する予定である。

【参照ページ】
SB Energy Inks 942 MW PPA with Google to Power Data Center

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る