JPMCグループ、サステナビリティ経営への取組体制を強化

EV

10月12日、JPMCグループは、パーパスを起点とした社会や環境への取り組みをより一層強化するため、「サステナビリティ委員会」を新たに設置したことを発表した。

JPMCは、「住む論理を追求する」をパーパスとして掲げている。「住む論理」とは社会の課題と向き合い「持続可能な賃貸経営」を追求することを指している。賃貸住宅の不要な新築を避け、マーケットに既にある物件をリユース・再活用してJPMCが賃貸経営を代行することで「持続可能な賃貸経営」の実現を目指す。既存物件の再活用はスクラップ&ビルドからの脱却にもつながり、GHGの排出抑制に寄与するため環境的な面からもサステナブルなビジネスモデルといえる。

グループのパーパスを起点とした社会や環境への取り組みをより一層強化するために設置された本委員会は、サステナビリティ活動に関する全体計画の立案、進捗状況のモニタリング、達成状況の評価を行い、また取締役会に報告・提言を行う。本委員会は、代表取締役社長執行役員を委員長とし、委員は委員長が指名する取締役により構成する。

【参照ページ】
(参考記事)JPMCグループのサステナビリティ経営への取組体制を強化

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る