Coca-Cola、Ocean Cleanupと提携。ベトナムのプラスチック汚染に対処

Coca-Cola、Ocean Cleanupと提携。ベトナムのプラスチック汚染に対処

1月14日、オランダ環境NGOのOcean Cleanupはベトナムのカントー川でInterceptor Original ゴミ収集システムを試験的に導入した。プラスチック回収船「Interceptor」を活用し、ベトナムのカントー川の廃棄プラスチック回収を行う。このシステムは、Coca-Colaとのグローバル・パートナーシップの一環である。

本パートナーシップは、プラスチックごみが海に流れ込む前に、主要な水路でプラスチックごみを阻止するプロジェクトを展開することで、海洋ごみの増加に歯止めをかけることを目的としている。ドミニカ共和国のサントドミンゴでの展開と並んで、メコンデルタのカントー川は、パートナーシップの範囲内で確認された最初の川の一つであり、今後数カ月以内にさらなる地域の発表が行われる予定である。

1日に最大55トンの海洋ゴミを回収できるこのロボット技術は、今後数カ月の間にベトナムで本格的に稼働する予定である。カントー市の人民委員会とカントー市天然資源環境局(DoNRE)は、このベトナムプロジェクトを支援しており、DoNREと地元の事業者は、適切なところでプロジェクトの規模を拡大するために、河川廃棄物調査を実施する。

Coca-Cola の規模とネットワーク、 Ocean Cleanup のテクノロジーとデータ主導型ソリューションを組み合わせた本グローバル・パートナーシップは、2022年末までに15の河川でオランダの非営利団体のInterceptor ソリューションを導入する予定である。また、両団体は、プラスチック汚染への取り組みを支援するために、民間部門と公共部門を巻き込む予定である。

【参照ページ】
(原文)The Coca-Cola Company Partners with The Ocean Cleanup to Tackle Plastic Pollution in Vietnam
(日本語訳)Coca-Cola、Ocean Cleanupと提携、ベトナムのプラスチック汚染に対処

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る