カーボン・アカウンティング・プラットフォームPersefoni、英国に進出

Climate Management & Accounting Platform(CMAP)のPersefoniは、英国チームを設立し、Anne ReaneyをPersefoni UKの共同創業者兼EMEAの営業責任者に任命し、国際的な活動を拡大することを発表した。

2020年に発表されたPersefoniのSaaSプラットフォームは、企業や機関投資家がカーボンフットプリントの測定、分析、計画、予測、報告を行うことを可能にする。AIを活用して、

ユーザーに組織の持続可能性パフォーマンスのコンテクストスコアを提供し、財務上の取引と同様の厳密さでカーボン取引とインベントリーを管理することができる。

この会社の拡大は、世界中の管轄区域で新たな開示要求を満たすために、気候と炭素のデータに対するニーズが高まっている状況を受けてのことだ。英国政府は先月、TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)の勧告に沿って、1,300社以上の大手上場企業や金融機関に対し、気候関連の財務リスクと機会に関する情報開示を義務付ける法律を2022年4月に導入する計画を発表した。

Persefoniは先月、シリーズBの資金調達に成功し、110億円を超える資金を調達した。この資金は、同社の地理的および製品的な拡大計画を加速させることを目的としている。

【参照ページ】
(参考記事)Persefoni Expands Global Operations, Announces Anne Reaney as Co-Founder of Persefoni UK & Head of Sales, EMEA
(日本語訳)カーボン・アカウンティング・プラットフォームPersefoni、英国に進出

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る