Growth Summit 2023が開催、AIとグリーン・トランジションの進展

 

5月3日、世界経済フォーラムは、Growth Summit 2023を開催した。スイス・ジュネーブに400人以上のリーダーを集め、成長のための新しい状況について理解を深め、弾力的、持続可能、包括的な成長の未来を描くために議論が行われた。

本サミットで発表された「Chief Economists Outlook」によると、2023年の景気の見通しについて、45%が景気後退、同数が景気後退を回避すると予想し、専門家の意見は半分に分かれた。サミットでは、来年の成長を最も大きく左右すると予想されるトレンドとして、ジオエコノミクスとサプライチェーンの地理的変化、生成型AIを含むテクノロジーの急速な進歩と導入、産業政策の強化、特に環境に優しい成長とエネルギー移行を可能にする施策が挙げられた。

サプライチェーンのローカライズと多様化は、新たな成長の地理、新たな雇用、中小企業や新規参入の機会を生み出すと期待されている。しかし、開発途上国経済の成長と繁栄、不平等への対応、すべての人の生活水準の拡大、気候危機への対応には、人の移動と財・サービス・技術・アイデアのグローバルな交換が依然として基本である。

本サミットの直前に発表された「Future of Jobs Report」によると、今後4年間で全雇用の4分の1近く(23%)が破壊されるとも予想されている。サステナビリティとグリーン投資は、雇用の純増につながると期待される一方、低調な経済成長、供給不足、高インフレは、雇用増加の最大のリスクと見られている。人工知能の影響については、低技能のホワイトカラーの仕事を完全に置き換える可能性や、知識への迅速なアクセスによってさまざまな職業における労働者の生産性を増強する可能性について、両極端な見解が示され、広く議論が行われた。

企業、政府、労働組合、学術界、市民社会のリーダーたちは、世界中の生活水準を向上させるためには、成長への新たな後押しが必要であることに同意した。しかし、彼らはまた、GDPの成長のみに焦点を当てることに注意を促し、気候危機への取り組み、不平等の削減、社会の回復力の構築、新技術の破壊的パワーの管理など、他の緊急の優先事項との統合を強化するよう呼びかけた。

また、リーダーたちは、公平性を促進し、成長とイノベーションを加速させるためのチャンネルとして、ダイバーシティとインクルージョンの重要性を強調した。

本サミットでは、将来の雇用に向けた労働者の教育、再教育、スキルアップに焦点を当て、20以上のインパクトのあるイニシアティブが進められた。

【参照ページ】
(原文)Growth Summit 2023: Job Creation and Reskilling Must Be Central to Growth in the Age of Uncertainty, Advancing AI and the Green Transition
(日本語訳)Growth Summit 2023が開催、AIとグリーン・トランジションの進展

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る