英仏、生物多様性クレジット市場の拡大に向けたイニシアティブを発足

6月22日、英仏両政府は、企業が生物多様性クレジットを購入する市場を拡大し、自然回復に貢献するプロジェクトに資金を動員することを目的とした新たなイニシアティブ「英仏グローバル生物多様性クレジット・ロードマップ」の立ち上げを発表した。

生物多様性クレジットは、排出削減に焦点を当てた炭素クレジットと同様に、企業が熱帯雨林、海洋、草原などの生息地における自然保護や回復に貢献するプロジェクトに投資することを可能にすることで、生物多様性にプラスの利益をもたらす活動に資金を提供するための手段である。クレジットは環境行動を測定するだけでなく、それがどこで行われ、誰がプロジェクトを開発したかを記録する。

本ロードマップは、気候変動、自然損失、貧困などの地球規模の課題に対処し、特に発展途上国のニーズに応えることができる金融システムを育成することを目的とした、パリで開催される「新しい金融協定のためのサミット」で発表される。

本ロードマップは、生物多様性クレジットを購入する企業を支援するための世界的な取り組みを拡大する計画を定めたもので、クレジット資金調達のためのガバナンス・メカニズムに関するベストプラクティスの共有や、生物多様性の改善を確実にするモニタリング体制、先住民や地域コミュニティへの公正な所得分配などの取り組みが盛り込まれている。

【参照ページ】
(原文)UK – France Global Roadmap launched to mobilise global nature finance
(日本語訳)英仏、生物多様性クレジット市場の拡大に向けたイニシアティブを発足

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る