Fitch Group、新たなDEI戦略で女性やマイノリティの登用を拡大

7月28日、金融情報サービス会社であるFitch Groupは、グローバルな従業員における女性の割合と、米国および英国における少数民族の割合を増加させるという目標を含む、新たなグローバル多様性、平等性および包括性(DEI)戦略の立ち上げを発表した。

Fitchによると、「DEI透明性レポート」に盛り込まれた新戦略は、DEIに関する従業員の説明責任を強化し、男女平等と優秀な人材の機会拡大に対するFitchのコミットメントを強化する。

本報告書は、FitchのDEI戦略の主要な優先目標を概説している。目標には、代表的な人材の採用・関与・保持・育成の増加、公平で包括的な企業文化の強化、商品・調査・分析を通じて業界のリーダーシップを発揮し、代表的なグループのスキルや雇用機会を高める教育および学習機会へのアクセスの民主化を支援し、多様な所有者による製品およびサービスの利用を拡大すること、が含まれている。

また、DEIレポートには、2030年の目標として、エグゼクティブおよびマネージングディレクターレベルの女性比率を現在の26%から35%に引き上げること、エスニックマイノリティの比率を現在の15%から35%にすることなどが盛り込まれている。

【参照ページ】
(原文)FITCH DIVERSITY, EQUITY AND INCLUSION TRANSPARENCY REPORT 2021

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る