グローバル・ウォーター・チャレンジ、医療サービスの向上のため水・衛生情報データベース構築

11月8日、水・衛生の国際的イニシアティブであるグローバル・ウォーター・チャレンジ(GWC)は、ミレニアム・ウォーター・アライアンス(MWA)と資金提供パートナーであるコンラッド・N・ヒルトン財団と共同で、「WASH Health Facility Data Exchange (WHdx)」の開発を発表した。 今回の開発は、政府、NGO、ドナー、民間企業が水・衛生・トイレ(WASH)への投資を最適化することで医療サービスを向上させることを目的としている。

WHO/UNICEF 2020によると、世界では医療施設の4つに1つが基本的な水サービスを受けられず、18億人以上が影響を受けており、さらに衛生設備や廃棄物管理サービスにも大きな格差が生じている。

WHdxは、データ標準を確立することで、医療施設のWASHデータを単一の公開データセットに調和させ、水と医療の両部門に独自のデータ分析と意思決定ツールを提供する。さらにWHdxは、個々の医療施設のWASHサービス記録を長期的に提供し、村から国レベルまでの地域間で医療施設を比較することで、最もニーズの高い場所や問題点、最も効果的な介入策の提案などを示すことができる。

WHdxプラットフォームは、世界50カ国以上、80以上の組織から60万件の給水記録が寄せられている世界最大の農村地域の水に関するオープンデータプラットフォームであるWater Point Data Exchange(WPdx)をベースに、WASH分野と保健分野の専門家が協力して開発を進めており、エビデンスに基づいた意思決定のために、一貫性のある使いやすいデータを容易に入手できるようにしている。

【参照ページ】
(原文)Global Water Challenge Announces the Development of WHdx – an Open Data Exchange to Improve Water, Sanitation, and Hygiene (WASH) in Healthcare Facilities
(日本語訳)グローバル・ウォーター・チャレンジ、医療サービスの向上のため水・衛生情報データベース構築

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る