WBCSD、COP26にて排出量データの一貫性向上のための新ガイダンスを発表

WBCSD、COP26にて排出量データの一貫性向上のための新ガイダンスを発表

11月9日、英国グラスゴーで開催された国連気候変動会議(COP26)の産業の日に、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は、バリューチェーン全体で製品レベルの炭素排出量データを算出・交換するためのガイダンスである「 Pathfinder Framework 」を発表した。

本フレームワークは、温室効果ガスプロトコルの共同議長を務めるWBCSDの役割を活用して、

産業界や脱炭素化のエコシステムを構成する35のステークホルダーが共同で開発したものである。

Pathfinder Framework によって企業は炭素排出量をより詳細に把握することができ、ビジネス上の意思決定を改善し、ネット・ゼロ目標の達成を支援する。

本フレームワークの発表は、先日発表された「気候回復のためのWBCSDビジネス・マニフェスト」や、消費者、顧客、政策立案者、規制当局、基準設定者、株主、投資家などから企業への脱炭素化の圧力が高まっていることを背景にしている。企業とそのサプライチェーンの両方における温室効果ガス(GHG)排出量の会計処理と追跡は、このような脱炭素化を実現するための重要な要素である。しかし、サプライチェーンの排出量に取り組もうとする企業は、正確に検証された一次データへのアクセスという共通の課題に直面している。

Pathfinder Frameworkは、この課題のうち、製品の炭素排出量を一貫して計算し、交換するためのガイドラインを提供することで、会計の部分に取り組んでいる。Pathfinder Frameworkは、既存の基準や手法を活用しながら、一次データの利用を優先している。

【参照ページ】
(原文)Carbon Transparency Partnership publishes new guidance to enhance consistency of emissions data
(日本語訳)カーボントランスペアレンシーパートナーシップ、排出量データの一貫性向上のため新しいガイダンスを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る