再エネ投資会社 Low Carbon、太陽光発電の開発支援のため370億円超の融資に調印

 

8月30日、再生可能エネルギー投資・資産管理会社であるLow Carbonは、商業銀行であるNatWest、Lloyds銀行、AIBとの間で、新たに2億3000万ポンド(約372億円)の上位債務ファシリティのファイナンスクローズに達したことを発表した。

本資金調達により、英国とオランダで少なくとも1GWの発電容量を持つ大規模太陽光発電プロジェクトの建設が可能になる。

同社は、当初の2億3000万ポンド(約372億円)を直ちに投入し、オランダと英国にある17の施設で500MWの太陽光発電設備の新設を支援する予定である。また、同設備にはアコーディオン機能があり、2億ポンド(約320億円)を追加で調達し、さらに500メガワットの太陽光発電設備を追加することができる。同社によると、1GWのプロジェクトでは、36万戸以上の家庭に電力を供給し、30万8000トンのCO2を回避するのに十分なクリーンエネルギーを提供できるという。

Low Carbonは、2030年までに20GWの再生可能エネルギー容量を新たに創出する目標を掲げている。

【参照ページ】
(参考記事)Renewable Energy Investor Low Carbon Signs £230 Million Facility to Back Solar PV Development

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る