アマゾン、スマートホームソーラー技術スタートアップAmbient Photonicsに約40億円の融資を主導

5月10日、太陽電池技術のスタートアップであるAmbient Photonics(以下、アンビエント)は、アマゾンのクライメート・プレッジ・ファンドと環境持続可能性に特化した初期段階投資家エコシステム・インテグリティ・ファンドを通じて、アマゾン主導のシリーズA融資で3100万ドル(約40億円)の調達を発表した。本資金調達は、米国を拠点とする世界最大の低照度太陽電池生産施設の建設に使用され、アンビエントは太陽電池の大量市場導入に向けた規模拡大を可能にする。

2019年に設立されたアンビエントは、幅広い環境光のスペクトルにわたってエネルギーを収穫できる、低コストで高密度の太陽電池を製造している。同社の低照度エネルギーハーベスティング太陽光発電(PV)技術は、人工光と自然光の両方からエネルギーを収集し、従来の屋内PV技術の3倍以上の電力を発生させる。

本技術は、IoT機器やスマートホーム機器から使い捨ての電池を削減し、充電池の質量減少に役立ち、埋め立てゴミの削減や機器の二酸化炭素排出量を最大80%削減可能。

アマゾンのクライメート・プレッジ・ファンドは、ゼロ・カーボン経済への移行を促進する製品やサービスを開発する先見性のある企業の支援を目的としたベンチャー投資プログラムである。20億ドル(約2,600億円)のファンドは2020年6月に設立され、アマゾンやその他の企業が2040年までにネット・ゼロを達成するなど、The Climate Pledgeで示された目標を達成できるよう支援することを目的としている。

【参照ページ】
(原文)Ambient $31M Series A Co-Led by Amazon through its Climate Pledge Fund and Ecosystem Integrity Fund
(日本語訳)アマゾン、スマートホームソーラー技術のスタートアップAmbient Photonicsに3100万ドルの融資を主導

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る