インパクト・タスクフォース、政府に対し情報開示強化を提言

12月13日、英国がG7議長国として発足したインパクト投資推進NGOインパクト・タスクフォース(ITF)は、ポジティブな社会的および環境的インパクトを与えることを目的とし、各国政府に対し企業の情報開示強化を提言する報告書を発表した。

今回の提言では、調和された基準での会計処理の義務化による透明性と完全性の重要さの認識、国際財務報告基準(IFRS)の取り組みへの支援、資金ギャップが最も大きい新興国を中心に機関投資家に適した投資ビークルの供給増加、気候変動での「公正な移行」において「気候・環境対策の推進」「社会経済的分配と公平性の向上」「コミュニティの声の増大」の3要素を提示し官民が連携して貢献することを掲げた。

また、インパクト・タスクフォースは、大企業が専門性を活かして中小企業を長期的により良い情報開示へと導くことを推奨。インパクト評価に関する新たな取り組みを推進するため官民の協力を要求しており、企業の影響と利益が有意義に比較できるようになることで、影響評価と開示プロセスの整合性を向上させる。

今回の提言は、タスクフォースの2つの相互依存的なワーキンググループの成果である。ワークストリームAでは、インパクトの測定と報告における透明性、調和、誠実さに焦点を当て、ワークストリームBでは、人々と地球のニーズに取り組むために資本を大規模に動員する政策と投資手段の開発に焦点を当てている。

【参照ページ】
Impact Taskforce calls on G7 to take urgent action to mobilise more institutional capital for a just and inclusive transition to net zero

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る