エネルギー大手bpとIberdrola、EV充電とグリーン水素で協業

7月28日、エネルギー大手のbpとIberdrolaは、EV高速充電インフラとグリーン水素製造ハブの開発を通じて、産業および運輸セクターの脱炭素化を目指す新たな戦略的協力関係を構築する計画を発表した。

本パートナーシップのもと、両社は、最大10億ユーロ(約1,400億円)を投資して、スペインとポルトガルの全域にEV用急速充電器および超高速充電器のネットワークを構築する合弁会社を設立する計画だ。本計画には、2025年までに初期充電ポイント5,000基、2030年までに合計11,000基の充電ポイントを設置することが含まれている。

さらに両社は、スペイン、ポルトガル、英国において、グリーン水素の製造と、グリーンアンモニアやメタノールなどの誘導品の製造を統合的に行う合弁会社を設立する予定だ。両社は、スペイン、ポルトガル、英国において、再生可能エネルギーを利用した最大60ktpaの水素製造ハブを開発することを目指す。

bpのカステリョン製油所におけるグリーン水素プロジェクトは、Iberdrolaが開発中の産業用水素プロジェクトや新規プロジェクトとともに、今回の合意に含まれる。両社は、今後、他の地域におけるグリーン水素の潜在的な機会も探っていく意向を表明している。

Iberdrolaはここ数年、エネルギー転換の取り組みと再生可能エネルギー開発への注力度を大幅に高めている。2020年には、再生可能エネルギーへの大規模な投資を含む750億ドル(約10兆円)の資本計画を発表し、2025年までに再生可能エネルギーの能力をほぼ倍増させる計画を立て、グリーン水素に特化した事業部門を立ち上げている。

水素と自然エネルギーの生産能力の増強は、国際的な石油会社から総合エネルギー企業への転換を目指すbpの長期戦略の主要な部分をも形成している。bpは2月に、バイオエネルギー、利便性、EV充電、自然エネルギー、水素などの「移行期成長事業」の設備投資全体に占める割合を、2025年までに40%以上、2030年までに50%程度に引き上げる計画だと発表した。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola and bp to collaborate to accelerate EV charging infrastructure and green hydrogen production
(日本語訳)BPとIberdrola、EV充電とグリーン水素で協業

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る