Microsoftとブラジルの環境スタートアップre.green、炭素除去契約締結

Microsoftと気候変動対策のスタートアップ企業Re.greenは、大規模な炭素除去クレジットの契約を結んだと発表した。Microsoftは、15年間で約300万トンの炭素除去クレジットを購入する。

同契約によりRe.greenは、ブラジルで最も森林が破壊された地域である大西洋岸地域を含めた、ブラジル全土の16,000 ヘクタール以上の森林を復元するため、少なくとも 1,070 万本の樹木を植えることを目指している。植林には全て在来種を使用し、生物多様性の保全と労働力の育成を支援するとしている。プロジェクトでは、衛星画像、ドローン、クラウドベースの機械学習モデルを利用するなど、科学技術を活用することが想定されている。

Re.greenのThiago Picolo CEOは、このパートナーシップがブラジル市場の成長に大きな可能性をもたらすことを強調しており、ブラジルにおける炭素クレジットの成長をうかがわせる。

【参照ページ】
(原文)re.green signs a landmark forest restoration project with Microsoft

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る