ExxonMobil、世界最大規模の低炭素型水素製造施設のFEEDを受注

ExxonMobil、世界最大規模の低炭素型水素製造施設のFEEDを受注

1月30日、ExxonMobilは、世界最大の低炭素型水素製造施設の開発における次のステップとして、フロントエンド・エンジニアリングおよび設計(FEED)の契約締結を発表した。本プロジェクトは、ステークホルダーの支持、規制当局の許可、市場の状況に応じて、2024年までに最終的な投資決定がなされる予定である。

ExxonMobilのベイタウン低炭素水素・アンモニア・炭素回収施設は、2027-2028年の稼働開始時点で、低炭素水素プロジェクトとして世界最大となる1日10億立方フィートの生産量を見込んでいる。

また、同施設で発生するCO2の98%以上(年間約700万トン)が回収され、永久的に貯蔵される見込みです。本プロジェクトで開発されるCO2回収・貯留ネットワークは、同地域のCO2排出事業者の脱炭素化を支援するために利用される予定である。

ExxonMobilは、世界最大の低炭素水素施設と米国最大のオレフィン工場を組み合わせ、より持続可能で低排出の製品を顧客と社会に提供する。

ExxonMobilは、Technip Energiesに低炭素水素プロジェクトのフロントエンド・エンジニアリングと設計の次の段階を担当させる契約を発注した。

【参照ページ】
(原文)ExxonMobil awards FEED for world’s largest low-carbon hydrogen facility
(日本語参考訳)ExxonMobil、世界最大規模の低炭素型水素製造施設のFEEDを受注

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る