IKEA、製品に使用されている木材の原産地に関する透明性を向上

IKEA、製品に使用されている木材の原産地に関する透明性を向上

1月26日、IKEAはサプライヤーが22年度に調達した全木材の産地などを公開した「木材調達マップ」を公表した。新しい情報を共有することで、IKEAは責任ある木材調達の実践を確保するためのアプローチについて、消費者の認識を高めることを目的とする。

本マップには、木材の種類、産地、数量、イケアが市場全体で森林管理の改善にどのように取り組んでいるかについての新しい情報も含まれている。本マップでは、IKEAが一般的にどのように木材を扱っているか、またIKEAの気候変動・循環型社会への取り組みにおいてなぜ木材が重要な役割を担っているかについて、より多くの情報を掲載し、舞台裏を紹介する取り組みを開始した。

IKEAのスカンジナビアン・デザインの伝統の中で、木材は常に重要な役割を担ってきた。IKEAでは、木材を使ったデザインとイノベーションの方法、木材をより効率的に使う新しい方法の例について、新しい情報を提供している。

【参照ページ】
(原文)IKEA increases transparency about origin of wood in products
(日本語参考訳)IKEA、製品に使用されている木材の原産地に関する透明性を向上

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る