Carbios、数百万種類の酵素を1日でスクリーニングできる機能でプラスチック分解を最適化

4月18日、仏再生プラスチック・ベンチャーCarbiosは、CNRSとボルドー大学の共同研究ユニットで、マイクロ流体工学を専門とするポール・パスカル研究センターと共同で開発したマイクロ流体技術により、酵素のスクリーニングプロセスを加速することを発表した。 本技術により、わずか1日で数百万種類の酵素のスクリーニングが可能となり、プラスチック汚染に対する具体的な解決策をより早く開発できるようになる。

マイクロ流体工学は、非常に少量の液体を扱う装置を製造できる。生成された液滴は、ピコリットル単位(10~12リットル)の容積を持ち、PET解重合活性をスクリーニングする特定の酵素を含む独立したマイクロリアクターとみなすことができる。この液滴がマイクロチップサイズの分析ユニット内を移動することで、1秒間に150種類の酵素をスクリーニングする超ハイスループットを実現した。

従来のロボットシステムでは、マイクロプレート形式でのスクリーニングが可能で、その量はミリリットル台、1分間に1酵素程度の速度だった。

今後、より効率的な酵素や新しい酵素のスクリーニングにマイクロ流体工学が広く採用され、バイオプロセスの発展を加速することが予想される。

【参照ページ】
(原文)Carbios accelerates its enzyme optimization with screening capabilities for millions of enzymes in a day
(日本語訳)Carbios、数百万種類の酵素を1日でスクリーニングできる機能でプラスチック分解を最適化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る