リオ・ティント、BHP、ブルースコープが協力

2月9日、英豪のリオ・ティント、BHP、シンガポールのブルースコープの3社は、オーストラリア初の直接還元鉄(DRI)型電炉(ESF)の実証プラント開発に向けて協力することを発表した。

この実証施設では、鉄鉱石を還元性ガスを使用して直接還元し、得られた製鉄原料を電炉で製鉄する。電力は再生可能エネルギーを利用する。ブルースコープは、還元性ガスとして天然ガスと水素の両方を検討している。

3社は、実証施設の候補地としてオーストラリア国内の複数の場所を評価している。インフラ、労働力の可用性、業界やサプライチェーンへのアクセス、オペレーションの試験適合性などを検討している。プレ・フィージビリティ・スタディは2024年末に完了する予定であり、承認されれば実証施設は2027年に稼働する見通し。

リオ・ティントとBHPは、DRI-ESF型製鉄の早期確立を通じて、カーボンニュートラルを目指す動きの中で、世界の鉄鉱石需要を維持し、さらに拡大していく意向である。

【参照ページ】
(原文)Australia’s leading iron ore producers partner with BlueScope on steel decarbonisation
(日本語参考訳)オーストラリアの大手鉄鉱石メーカー、鉄鋼の脱炭素化でブルースコープと提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る