CMA、アパレル企業のASOS・Boohoo・Asdaのグリーン主張をめぐり調査を実施

7月29日、競争市場庁(CMA)は、英アパレル企業のASOS、Boohoo、George at Asdaが衣料品・靴・アクセサリーなどのファッション製品に関して行ったエコフレンドリーおよびサステナビリティ主張に対して精査を開始した。これは、グリーンウォッシングに関する継続的な調査の一環として行われるものであり、これらの企業の製品が環境にやさしいものとして顧客に販売されていることへの懸念に対応している。

具体的な調査内容は、以下の通りである。

・ASOSの「Responsible edit」、Boohooの「Ready for the Future」、「George for Good」などの衣料品コレクションが、実際よりも環境的に持続可能であるかのような印象を与えている可能性がある。
・各社のエコ商品群に含まれる商品について、生地の素材に関する情報がないなど、顧客に提供される情報が不足している。
・生地認定制度や基準について、認定が特定の製品に適用されるのか、それとも企業の広範な業務に適用されるのかが明確でないなど、誤解を招く可能性のある記述が存在する。

CMAは、3社に対して上記の懸念を示す文書を送付しており、調査を進めるための証拠を得るために情報収集の権限を行使する予定だ。調査がどのように展開されるかは、CMAが提出された証拠に対する評価によって決まる。考えられる結果としては、各社から業務方法を変更する約束を取り付けること、各社を裁判所に提訴すること、あるいはそれ以上の措置を取らずに事件を終結させることが挙げられる。

CMAは、誤解を招くような環境主張に関する幅広い調査を継続しており、他の分野についても順次調査を行っていく予定だ。

【参照ページ】
(原文)ASOS, Boohoo and Asda investigated over fashion ‘green’ claims
(日本語訳)CMA、ファッション企業のASOS・Boohoo・Asdaのグリーン主張をめぐり調査を実施

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る