PLANET TRACKER、再プラ分析とリサイクル率向上のための提言をまとめた報告書を発表

PLANET TRACKER、再プラ分析とリサイクル率向上のための提言をまとめた報告書を発表

1月25日、PLANET TRACKERは、再生プラスチックの分析とリサイクル率向上のための提言をまとめた報告書を発表した。

世界的に、プラスチックの生産量が減少するまでは、リサイクル率を根本的に改善する必要がある。現在、プラスチック廃棄物のうちリサイクルされているのは9%以下である。金融シンクタンク、PLANET TRACKERの調査によると、ラベルのリサイクルが当面のゲームチェンジャーになり得るにも関わらず、容器だけに注意が集中しすぎている現状がある。

現在、毎年1億4,100万トンのプラスチック包装が生産されており、コカ・コーラ、ペプシコ、ネスレ、ユニリーバ、マース、ロレアルなどのプラスチック包装消費量の世界トップ企業は、2021年に770万トン以上を使用するとされている。パッケージのリサイクル率向上に関する規制が強化されたことで、回収材の需要が急速に高まっているが、再生プラスチックの供給力は、需要の高まりに対応できていないのが現状である。

その結果、再生材の価格が上昇している。2022年、ヨーロッパにおけるリサイクルPETペレットの販売価格は、バージン(化石燃料)原料に対して51%のプレミアムで、1トン当たり797ユーロ(約11万円)であった。実際、英国の製造業者は現在、包装にリサイクル材を使用するよりも安いので、1トン当たり200ポンド(約3万円)のプラスチック税を支払うことを好んでいる。

本レポートでPLANET TRACKERは、消費者ブランドに対して、ラベルの材質と容器の材質を一致させ、リサイクル率を高める自助努力のアプローチを採用することを提言している。

【参照ページ】
(原文)SLEEVE LABELLING PROVIDES A SHORT-TERM SOLUTION TO BOOST RECYCLING RATES, PLANET TRACKER SAYS
(日本語参考訳)PLANET TRACKER、再プラ分析とリサイクル率向上のための提言をまとめた報告書を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る