J.P. Morgan、投資家向け新デジタルESGプラットフォームを開始

J.P. Morgan、投資家向け新デジタルESGプラットフォームを開始

9月7日、J.P. Morganは、新しいデジタルESGプラットフォームを発表した。本プラットフォームは、当社のセクターおよびESGアナリストによるESGの見解を一元的に投資家に提供し、現在および将来の企業やセクターの重要なESGリスク、機会および影響を評価できるようにすることを目的としている。

J.P. Morganによると、本プラットフォームは、「より構造的で基本的なESGの視点」に対する顧客の要望の高まりに応えるために開発されたという。モジュール設計でリリースされたESGディスカバリーは、ESGインテグレーションからインパクト・インベスターまで、JPモルガンの投資家顧客の幅広いESGデータニーズに応えるよう設計されており、テーマ別の深堀りと銘柄別のビューの両方を提供する。

また、本プラットフォームには「ダブルマテリアリティ」のフレームワークが組み込まれており、投資家やアナリストは、現在のESG関連の財務リスクや機会を調べることができるだけでなく、バリューチェーン全体のステークホルダーに対する企業のマイナスおよびプラスの影響についての洞察を提供することで、将来的なマテリアリティに情報を提供することも可能だ。

本プラットフォームは、2つの主要コンポーネントで構成されてる。「セクターとクロスセクタータブ」は、セクターレベルで現在および将来のESG課題の重要性を評価するために、二重の重要性のマッピングを可能にする。「企業とテーマ別スクリーニングタブ」は、収益予測、企業固有の重要性スコア、最も重要なESGテーマに関する企業のパフォーマンスについての基本的見解などの企業レベルでの分析に使用できる。

主な機能としては、特定企業に対するJ.P. Morganの35のESGテーマの重要度スコアにアクセスし、企業の最も重要なテーマの管理を評価、比較、スクリーニングしたり、特定セクターに対するESGテーマの重要度を閲覧したり、セクター間でそれぞれの重要度を比較したりすることができる。

【参考ページ】
(原文)J.P. Morgan Launches New Digital ESG Platform For Investors
(日本語訳)J.P.モルガン、投資家向け新デジタルESGプラットフォームを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る