炭素会計・管理スタートアップGreenly、80億円を調達

3月20日、炭素会計のGreenlyは、シリーズB資金調達ラウンドで5,200万ドル(約80億円)を調達したと発表した。本資金は、同社の成長加速を支援し、企業が炭素排出量を測定・管理できるようにするソリューション群を強化することを目的としている。

アレクシス・ノルマン、マチュー・ヴェグレヴィル、アルノー・デルバックによって2019年に設立されたパリを拠点とするGreenlyは、中堅・中小企業を含む企業が排出量を監視・削減・報告できるようにすることを目的としたソリューションを提供している。同社のソリューションには、企業がSBTiなどのフレームワークに沿って脱炭素化の予算を立て、排出量を削減することを可能にするClimate Suite、社内の気候に関する専門知識の構築を支援するClimate Academy、IT部門がデータセンターレベルの排出量を削減することを支援するGreenly Cloud、サプライヤーが低炭素ロードマップに積極的に貢献することを保証するために購買ソフトウェアにプラグインするGreenly Sustainable Procurementなどがある。

同社によると、今回の資金調達は、EUのCSRDや米国証券取引委員会(SEC)による米国上場企業のGHG排出量報告義務化などの規制により、炭素会計・管理ソリューションの市場が「大規模な導入の準備が整いつつある」中で行われた。

【参照ページ】
(原文)Funding the future: Greenly secures $52M to drive carbon management
(日本語参考訳)炭素会計・管理スタートアップGreenly、80億円を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る