GRESB、不動産向けサステナビリティ・データ・ソリューションを提供

3月19日、アムステルダムに拠点を置く、不動産や生活インフラのESGデータを提供するGRESBは不動産アセット・マネージャーと投資家に資産の持続可能性、回復力、効率性に関する実用的な知見を提供することを目的とした新しいツール群であるREALソリューションズの立ち上げを発表した。

本発表は、投資家や運用会社が資産のサステナビリティ性能を理解する段階から、それを改善するために行動を起こす段階へとシフトしたことを受けたもので、その結果、ESGデータの目的が、企業レベルの集約的な指標から、企業レベルのより詳細な知見へとシフトしている。

新たなツール群は、GRESBが毎年行っている不動産アセスメントを活用する。そこでは、戦略、リーダーシップ、方針とプロセス、リスク管理、資産ポートフォリオレベルでのパフォーマンスといった経営要素や、建物の設計・建設・回収段階におけるESG課題への取り組みなど開発要素などを測定する。

4月にリリースされる新ソリューションの第一弾は、REAL Benchmarksで、不動産ファンドマネジャーがポートフォリオのパフォーマンスに対する個々の資産の貢献度を分析するためのインタラクティブなダッシュボードで、資産のエネルギーや温室効果ガスのパフォーマンスに関する洞察も含まれる。

本ソリューションにより、ユーザは資産ごとのGRESBベンチマークや業界のパスウェイと資産パフォーマンスを比較し、ポートフォリオの遅れを特定することができる。その他の機能として、エネルギーと温室効果ガスのパフォーマンスを可視化する機能や、所在地、物件タイプ、年によってポートフォリオをフィルタリングする機能がある。

【参照ページ】
(原文)GRESB announces REAL Solutions, a pioneering suite of new tools to meet growing industry demand for granular asset insights
(日本語参考訳)GRESB、不動産向けサステナビリティ・データ・ソリューションを提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る