CFAインスティテュート、気候変動投資サーティフィケートを開始

11月6日、世界的な投資専門家団体であるCFAインスティテュートは、気候変動に関連する投資の専門知識を金融専門家に提供し、気候変動への配慮を評価やポートフォリオ構築のプロセスに組み込むことを目的とした、新しい「気候リスク、バリュエーション、投資サーティフィケート」の開始を発表した。

CFAインスティテュートによると、本サーティフィケートは、気候変動に関連するリスクに適応するため、また、投資家が投資の意思決定プロセスにおいて気候関連要因を考慮しようとする傾向が強まる中、気候分析スキルを持つ人材を求める投資会社の市場ニーズの高まりに応えるために開始された。

本サーティフィケートには約100時間の学習が必要で、「気候科学」「リスク」「規制」「移行ファイナンス」「気候変動とバリュエーション」の5つのコースが含まれる。各コースにはテストが含まれ、カリキュラムは株式、債券、オルタナティブを分析するための関連ツールの応用に重点を置く。

CFAインスティテュートによると、本修了証は実社会での応用に重点を置き、カリキュラムや支援活動は、業界の専門家や主題専門家から直接受け取ったモデルやケーススタディに基づいている。また、同協会は、学習者間の交流を深め、投資実務家同士のコミュニティと共有学習を促進するため、コホート・アプローチを採用すると付け加えた。

【参照ページ】
(原文)CFA Institute launches new Climate Risk, Valuation, and Investing Certificate
(日本語参考訳)CFAインスティテュート、気候変動投資サーティフィケートを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る