CFAインスティテュート、気候変動投資サーティフィケートを開始

11月6日、世界的な投資専門家団体であるCFAインスティテュートは、気候変動に関連する投資の専門知識を金融専門家に提供し、気候変動への配慮を評価やポートフォリオ構築のプロセスに組み込むことを目的とした、新しい「気候リスク、バリュエーション、投資サーティフィケート」の開始を発表した。

CFAインスティテュートによると、本サーティフィケートは、気候変動に関連するリスクに適応するため、また、投資家が投資の意思決定プロセスにおいて気候関連要因を考慮しようとする傾向が強まる中、気候分析スキルを持つ人材を求める投資会社の市場ニーズの高まりに応えるために開始された。

本サーティフィケートには約100時間の学習が必要で、「気候科学」「リスク」「規制」「移行ファイナンス」「気候変動とバリュエーション」の5つのコースが含まれる。各コースにはテストが含まれ、カリキュラムは株式、債券、オルタナティブを分析するための関連ツールの応用に重点を置く。

CFAインスティテュートによると、本修了証は実社会での応用に重点を置き、カリキュラムや支援活動は、業界の専門家や主題専門家から直接受け取ったモデルやケーススタディに基づいている。また、同協会は、学習者間の交流を深め、投資実務家同士のコミュニティと共有学習を促進するため、コホート・アプローチを採用すると付け加えた。

【参照ページ】
(原文)CFA Institute launches new Climate Risk, Valuation, and Investing Certificate
(日本語参考訳)CFAインスティテュート、気候変動投資サーティフィケートを開始

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る