LSEG、 Siglarと提携 荷主の船積み意思決定に炭素コストを組み込むことを可能に

LSEG、 Siglarと提携し、荷主の船積み意思決定に炭素コストを組み込むことを可能に

7月27日、ロンドン証券取引所グループ(LSEG)は、LSEGのデータ、ニュース、分析、生産性向上ツール「ワークスペース」を活用し、企業が海運の低炭素化オプションを評価できるようにすることを目的に、海運排出量分析会社Siglar Carbonと合意したと発表した。

LSEGによると、EUは排出量取引制度(ETS)を拡大する準備を進めており、そのキャップ・アンド・トレード方式による炭素価格決定プログラムに海運部門も含めることを決定した。EUは最近、2024年1月から海運を含む新たなセクターをETSに含める計画を発表したが、炭素排出のコストを考慮しない船主、用船者、貿易業者にとってはコスト増となる。

両社の分析によると、貿易業者や用船者の炭素排出コストは、炭素効率に優れた船舶や航路計画を選択することで、50%も削減できるという。

ノルウェーを拠点とするSiglarは、ビッグデータと分析を活用し、海運業界におけるCO2排出量削減のための知見を提供している。今回の契約は、Siglarの排出量に関する知見と炭素市場および業界の排出量分析を組み合わせることで、ユーザーが商業海運の意思決定におけるカーボンフットプリントを理解、予測、改善し、関連する炭素コスト・エクスポージャーをコントロールできるよう支援するものである。これにより、データによって最も炭素効率の高い海運代替手段を見つけることができる。

【参照ページ】
(原文)Emissions insights could cut EU-mandated carbon costs of shipping by 50%
(日本語参考訳)LSEG、 Siglarと提携 荷主の船積み意思決定に炭素コストを組み込むことを可能に

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る