シュローダー、再エネ・インフラ・マネージャーのグリーンコートの株式の過半数を取得

シュローダー、再エネ・インフラ・マネージャーのグリーンコートの株式の過半数を取得

グローバルな投資マネージャーであるシュローダーは、再生可能エネルギー・インフラストラクチャー・マネージャーのグリーンコート・キャピタル・ホールディングス社の株式の75%を3億5,800万ポンドで取得する契約を締結したことを発表した。 この買収には、収益目標の達成と上級管理職の継続雇用を条件とした、1億2,000万ポンドを上限とするアーンアウトの可能性も含まれている。また、シュローダーが残りの25%を長期的に取得するためのオプションも用意されている。

2009年に設立されたグリーンコートは、欧州最大級の再生可能エネルギー・インフラストラクチャー・マネージャーであり、67億ポンドの運用資産を有している。同社は、風力、太陽光、バイオエネルギー、熱に注力し、英国、欧州、米国で約200の発電資産を運営し、合計で3GW以上の純発電容量を有している。

この取引は、包括的なプライベート・アセット・プラットフォームを構築するというシュローダーの戦略に沿うものだ。同社によると、グリーンコートは、2030年までに1兆ドル以上の成長が見込まれる欧米の再生可能エネルギー資産市場と、環境に配慮した商品に対する機関投資家需要の加速という、2つの成長機会が交差する場所で事業を展開している。

グリーンコートは、シュローダーのプライベート・マーケット部門であるシュローダー・キャピタルの一部となり、シュローダー・グリーンコートという社名で運営される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Schroders to acquire a majority shareholding in Greencoat Capital: A leading European renewable infrastructure manager
(日本語訳)シュローダー、再エネ・インフラ・マネージャーのグリーンコートの株式の過半数を取得

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る