欧州委員会、欧州グリーンディール実現に向け3つの新たな取り組みを採択

11月17日、欧州委員会は、欧州グリーンディールを実現するために必要な3つの新しい取り組みを採択した。3つの取り組みとは、EUが主導する森林破壊を抑制するための新たなルール、循環型経済を促進するためのルール、2050年までの土壌回復を目指した「土壌戦略」である。

1つめの森林破壊抑制に関する新規則は、EU市民がEU市場で購入、使用、消費する製品が、

世界の森林破壊と森林劣化に寄与しないことを保証するものである。これらのプロセスの主な要因は、大豆、牛肉、パーム油、木材、ココア、コーヒー、およびそれらの派生製品の一部に関連する農業の拡大である。同規則は、森林破壊のない合法的な製品のみをEU市場に投入することを目的として、これらの商品をEU市場に投入しようとする企業に義務的なデューデリジェンスの規則を定めている。欧州委員会は、ベンチマーキングシステムを用いて、規制の対象となる商品によって引き起こされる森林破壊と森林劣化のリスクのレベルを各国で評価する。

2つ目は、循環型経済促進のため、廃棄物の輸出に関する規則の強化や廃棄物を資源として循環させるためのより効率的なシステム・ルールの策定である。この提案では、EU域外に廃棄物を輸出するすべてのEU企業は、廃棄物を受け入れる施設が、当該廃棄物を環境的に健全な方法で管理していることを示す独立した監査を受けていることを確認しなければならない。

3つ目に、欧州委員会は新たな「EU土壌戦略」を発表した。これは、気候と生物多様性の危機に対処するための「欧州グリーンディール」と「2030年のEU生物多様性戦略」の重要な成果物である。健全な土壌は、口にする食物の95%を支える基盤であり、世界の生物多様性の25%以上を受け入れているが、EUでは70%の土壌が良好でない状態である。「EU土壌戦略」は、農地の土壌炭素を増やし、砂漠化に対抗し、劣化した土地や土壌を回復させ、2050年までにすべての土壌生態系を健全な状態にすることを目的としている。

【参照ページ】
(原文)European Green Deal: Commission adopts new proposals to stop deforestation, innovate sustainable waste management and make soils healthy for people, nature and climate
(日本語訳)欧州委員会、欧州グリーンディール実現に向け3つの新たな取り組みを採択

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る