欧州理事会と欧州議会、データガバナンス法に暫定合意

11月30日、欧州理事会と欧州議会の交渉担当者はデータの利用可能性を促進し、研究や革新的な新サービス・製品の創出のためのデータ利用を促進する信頼できる環境を構築するためのデータガバナンス法(DGA)について、暫定的な合意に達した。

DGAは、保護されている特定のカテゴリーの公共部門のデータの再利用を促進し、データ仲介サービスに対する信頼性を高め、EU全体でデータ利他主義を育成するための強固なメカニズムを構築するものである。これは、データ経済を強化し、富と幸福を増大させ、市民と企業の利益のために欧州に競争上の優位性を与えることを目的とした、データに関する欧州戦略の重要な構成要素である。

DGAは、企業や個人がデータを共有できる安全な環境を提供する新しいビジネスモデル、すなわちデータ仲介サービスを促進する枠組みを構築する。企業の場合、これらのサービスは、企業間の自発的なデータ共有を支援したり、法律で定められたデータ共有義務の履行を促進したりするデジタルプラットフォームの形をとることができる。これらのサービスを利用することで、企業は、データが悪用されたり競争力を失ったりすることを恐れずに、データを共有することができる。

DGAでは、医療研究プロジェクトなどの公益のために、個人や企業が自発的にデータを利用できるようにすることも容易になっている。今回合意された暫定合意は、欧州理事会の承認が必要であるため、今後、理事会の常任代表者委員会(Coreper)に提出し、承認を得ることになる。

【参照ページ】
(原文)Promoting data sharing: presidency reaches deal with Parliament on Data Governance Act
(日本語訳)欧州委員会と欧州議会、データガバナンス法に暫定的合意

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る