Carrefour、フランスにEV充電ステーション100基を設置

4月6日、Carrefour(カルフール)は、EV充電ステーション100基設立の目標を達成したと発表した。本目標達成により、フランス全土に850以上の充電ポイント(最大300kW)を持つ、フランス初の端末ネットワークとなった。

カルフールは2022年4月に発足し、100以上のハイパーマーケットに電気充電端末を設置した。2023年末までにさらに200店舗を増やす意向を示している。都市部と農村部の両方でステーションを全国に展開することで、同社はフランスに電気モビリティを導入し、できるだけ多くの人々が100%グリーンエネルギーを利用できるようにすることを支援している。

本目標を達成するため、カルフールはAllegoとDrivecoという2つの主要パートナーと提携した。両社は、充電インフラの構築と運用を担当している。Allegoは過去1年間、カルフールのハイパーマーケットに端末を設置しており、今後12カ月間で100カ所のステーションを新たに開設する予定である。Drivecoはスーパーマーケットへの設置を開始したばかりで、カルフールのヴィール店とエスタレス・マーケット店の駐車場に最初の2つのステーションを開設した。2025年までに、特に中小規模の町に600カ所設置する意向を示している。

本ステーションにより、カルフールは、快適充電(22kW)から急速・超急速充電(50~300kW)まで、あらゆるモビリティに対応した充電サービスをユーザーに提供している(車種により20~60分でフル充電可能)。

カルフールは、ロイヤルティカードまたはCarrefour PASSカード保有者には、1時間分の22kW充電をプレゼントしている。本スキームでは、最初のステーションがオープンして以来、すでに65,000時間以上の充電が利用者に無償で提供されている。

【参照ページ】
(原文)CARREFOUR ÉNERGIES NOW HAS 100 ELECTRIC VEHICLE CHARGING STATIONS IN FRANCE
(日本語参考訳)カルフール・エナジー、フランスにEV充電ステーション100基を設置

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る