IOC、全イベントにおいてサステナビリティに関するISO20121の認証を取得

4月6日、国際オリンピック委員会(IOC)は、同団体の全イベントのサステナビリティ・パフォーマンスを体系的かつ継続的に改善する取り組みにより、イベントの国際規格ISO20121の認証を取得したことを発表した。

ISO20121は、2012年ロンドンオリンピック組織委員会が提唱する、イベントに適用されるサステナビリティ管理システムの国際規格である。イベントの企画・演出の各段階における重要な意思決定に、サステナビリティがどのように組み込まれているかを評価する。

IOCのイベントには、IOC総会、委員会、オリンピック・デー、国際アスリート・フォーラム、その他の会議など、IOCが組織し資金を提供するものが含まれている。

ISO20121認証は、ロンドンオリンピック2012組織委員会が開発のきっかけとなった。その後、リオ2016、平昌2018、東京2020、北京2022が認証を取得し、すべてのオリンピック大会のサステナビリティ要件の1つになっている。また、主要なスポーツなどのイベント運営による利用も増えている。

2022年にISO20121の認証を取得したパリ2024も、このシステムの進化の節目となることが予想される。ISO20121は現在改訂中で、イベント産業がより持続可能なものになる可能性の高まりと、一般市民からの期待の高まりを反映し、今日の状況に合わせて更新される予定である。IOCは、国際標準化機構(ISO)が主導する規範の進化に関する対話に貢献している。

サステナビリティは、IOCの戦略的ロードマップ「Olympic Agenda(オリンピック・アジェンダ) 2020+5」の重要な要素であり、気候変動に関するパリ協定に基づき、IOCは2030年までに直接・間接排出量を50%削減することを約束した。また、「Olympic Forest(オリンピックの森)」プロジェクトを通じて、残りの排出量の多くを補償する予定である。

2030年以降、すべてのオリンピック大会は、契約上、CO2排出を最小限に抑え、残存する排出量の100%以上を補償することが義務づけられる予定である。2024年のパリ大会は、パリ協定に沿った最初のオリンピックとなり、これまでのオリンピック大会と比較して排出量が半減する見込みである。

【参照ページ】
(原文)IOC receives ISO 20121 certification for sustainability performance at corporate events
(日本語参考訳)IOC、全イベントにおけるサステナビリティに関するISO20121の認証を取得

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る