Sainsbury’s、段ボール製ベビーウェア用ハンガーを導入、103トンのプラスチックを節約

Sainsbury’s、段ボール製ベビーウェア用ハンガーを導入、103トンのプラスチックを節約

8月14日、Sainsbury’sは、500万本のプラスチック製ハンガーに代わる新しい段ボール製ハンガーをTu Clothing Babyシリーズに展開し、103トンのプラスチック使用量を削減した。

英国のスーパーマーケット初の試みであるこの交換は、成功裏に終了し、400以上の店舗で利用可能となる。以前はプラスチック製ハンガーに掛けられていたTu Clothing Babywearの商品にもこの交換が行われ、顧客は段ボール製ハンガーを自宅でリサイクルできるようになり、環境負荷の軽減にも貢献する。

包装の循環型経済を促進するため、Sainsbury’sはTu Clothingのプラスチックハンガーの店頭リサイクルサービスを提供している。店舗で会計を済ませる際、顧客や同僚はプラスチック製ハンガーを置いていくことができ、その後リサイクルのために返却される。今年1月から7月までの間に、Sainsbury’sはレジから1,200万本のハンガーを返却したが、これは85トンのプラスチックに相当する。

Sainsbury’sはここ数ヶ月、英国で初めて洗濯用洗剤の包装をプラスチックから段ボールに変更するなど、包装に次々と変更を加えている。また5月には、Sainsbury’sのホールチキンシリーズから使い捨てのプラスチックトレーを撤去した。この2つの変更だけで、毎年約162トンのプラスチックを節約することになる。

【参照ページ】
(原文)Tu Clothing introduces cardboard babywear hangers, saving 103 tonnes of plastic
(日本語訳)Sainsbury’s、段ボール製ベビーウェア用ハンガーを導入、103トンのプラスチックを節約

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る