EcoVadis、2021年のスコア活用社は50%増。取引先やサプライチェーンにも拡大

3月10日、世界で最も信頼されているビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisは、エコバディスのスコア活用社が、2021年の開始以来50%増となり、750以上の依頼団体と取引先やサプライヤー9万社以上に広がったことを発表した。

またEcovadisは利用企業のESGスコア改善度の総計を「改善マグニチュード」というインパクト指標で測定し、2022年のインパクトは3〜4倍に増加するなど、サプライチェーンの大幅な改善がみられた。

テクノロジー、アパレル、エネルギーなどの主要産業における利用企業はエコバディスを活用し、リスクマッピングの可視化やCO2排出量削減への取り組み、サステナビリティパフォーマンスの改善を実践している。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis Network Grows 50% as Sustainability Improvement Magnitude Triples Ahead of Sustain 2022 Virtual Conference
(日本語訳)持続可能性の改善がSustain2022Virtual Conferenceに先駆けて3倍、EcoVadisネットワークは50%成長

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る