EcoVadis、2021年のスコア活用社は50%増。取引先やサプライチェーンにも拡大

3月10日、世界で最も信頼されているビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisは、エコバディスのスコア活用社が、2021年の開始以来50%増となり、750以上の依頼団体と取引先やサプライヤー9万社以上に広がったことを発表した。

またEcovadisは利用企業のESGスコア改善度の総計を「改善マグニチュード」というインパクト指標で測定し、2022年のインパクトは3〜4倍に増加するなど、サプライチェーンの大幅な改善がみられた。

テクノロジー、アパレル、エネルギーなどの主要産業における利用企業はエコバディスを活用し、リスクマッピングの可視化やCO2排出量削減への取り組み、サステナビリティパフォーマンスの改善を実践している。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis Network Grows 50% as Sustainability Improvement Magnitude Triples Ahead of Sustain 2022 Virtual Conference
(日本語訳)持続可能性の改善がSustain2022Virtual Conferenceに先駆けて3倍、EcoVadisネットワークは50%成長

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る