日本生命、資産運用ポートフォリオにおける温室効果ガス排出量削減の2030年中期目標を発表

3月17日、日本生命保険相互会社(以下日本生命)は資産運用ポートフォリオでの投融資カーボンフットプリントにおける中間目標の設定を発表した。

総量策定では気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の指標を、原単位ではNet-Zero Asset Owner Alliance(AoA)の目標水準を参照し、総排出量においては2010年比の45%以上、投資1単位あたりの排出量を2020年比で49%以上削減を目標として掲げた。対象資産は、上場株式、社債、不動産であり、いずれもスコープ1と2のみを対象としている。

また、排出量削減に向けた具体取り組みとして、さまざまな ESG 投融資手法をバランスよく活用することを基本としつつ、GHG 排出量の計測手法を開発する国際的なイニシアティブである「Partnership for Carbon Accounting Financials (PCAF)」へ加盟したほか、投融資の面でも、脱炭素ファイナンス枠(5,000億円)を設定し、社会全体や企業ごとのトランジションやイノベーションといった脱炭素取り組みに貢献している。

【参照ページ】資産運用ポートフォリオにおける温室効果ガス排出量削減の2030年中間目標の設定と具体取り組みについて

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る