三菱重工業、革新軽水炉の開発を発表

9月29日、三菱重工業は、北海道電力、関西電力、四国電力、九州電力と共同で今後の日本のエネルギー安定供給に向け、従来の加圧水型軽水炉にさらなる安全性を備えた革新軽水炉「SRZ-1200」のプラントのコンセプトを確立し、今後基本設計を進めると発表した。

「SRZ₋1200」は革新軽水炉のうち120万kW級の発電炉であり、地震、津波、竜巻等の自然災害への耐性、テロや不測の事態へのセキュリティー強化がなされているという。

そのメカニズムとして、プラントの状態に応じて自動作動する設備(パッシブ設備)である高性能蓄圧タンクや世界最新技術の溶融炉対策であるコアキャッチを設置する。さらに、非常時に放出される放射能量を低減し、影響を発電所敷地内に留めるためのシステムの設計にも取り組むという。

同社は、福島第一原子力発電所事故を踏まえて、メーカーとして既設プラントの再稼働、再稼働後の安全安定運転の実現を通じて継続的な安全性向上に努めていくとともに、カーボンニュートラル社会実現のために、革新軽水炉で社会貢献を果たしていくと述べている。

【参照ページ】
革新軽水炉「SRZ-1200」について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る