花王、代替洗剤原料開発でユニリーバとジェノマティカの合弁ベンチャーに出資

9月29日、花王株式会社は、消費財世界大手英ユニリーバと米バイオ化学ジェノマティカ(Geno)が設立する植物由来の代替洗剤原料開発ベンチャーに出資すると発表した。

今回花王はすでに発表している1億2,000万ドル(約170億円)に追加出資を行った。Genoの技術に基づく植物由来の代替原料は、パーム油由来の原料に比べてCO2排出量が最大50%削減できる見込みがある。

同社は、2040年までにカーボンゼロ、2050年までにカーボンネガティブという目標を掲げており、今回の取り組みはその目標達成のための重要な戦略的決断となる。

【参照ページ】
花王が創立メンバーとして1億2千万米ドル超のベンチャー企業へ参画 Genomaticaと共に、パーム油代替原料の供給をめざす

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る