ホンダ、米国でのEVおよびバッテリー生産に5,800億円超の投資

ホンダ、米国でのEVおよびバッテリー生産に5,800億円超の投資

10月11日、ホンダは、自動車の電動化目標をサポートする米国での一連の投資を発表した。既存の自動車およびパワートレイン工場のいくつかをEV生産用に再調整するために7億ドル(約1,000億円)、LG Energy Solution(LGES)との合弁による新バッテリー工場に35億ドル(約5,000億円)を投資するという。

これらの新施設と新しいEV用バッテリー工場は、オハイオ州におけるEVのハブとして機能し、EV生産における同社の知識と専門性を発展させる上で重要な役割を果たす。

ホンダは昨年、積極的な電動化計画を発表し、米国を含む主要市場においてEV・燃料電池車の販売比率を2040年までに100%にすることを目標に掲げている。

規制当局の承認を経て、2022年にホンダとLGESのJVが設立され、全体の投資額は44億ドル(約6,400億円)に達し、施設の従業員数は2,200人以上になると予測される。両社は、2023年初頭にフェイエット郡で建設を開始し、2024年末までに新しい生産施設を完成させる予定だ。これにより、2025年末までに先進のパウチ型リチウムイオンセルを使用した電池モジュールの量産を開始し、年間約40GWhの生産能力を確保する。

【参照ページ】
米国オハイオ州の工場を、北米におけるEV生産のハブ拠点へ
LGエナジーソリューションとHonda、EV用バッテリー生産合弁会社の工場建設地を米国オハイオ州に決定

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る