TescoとDRS、冷蔵貨物の鉄道輸送における提携を発表。CO2排出量の大幅な削減に貢献

TescoとDRS、冷蔵貨物の鉄道輸送における提携を発表。CO2排出量の大幅な削減に貢献

12月16日、TescoとDRSは、英国の鉄道に新サービスを導入するために提携したことを発表した。今回導入する新サービスは、Tescoが英国で初めて冷蔵鉄道貨物を利用するもので、ティルベリーからコートブリッジまでCO2の少ない鉄道で1日2回、週7日冷蔵商品を配給するものである。

鉄道を利用することは、環境面においてメリットが大きい。ティルベリーからコートブリッジまでの415マイルのルートでは、DRSのクラス88バイモード電気機関車が使用される。この機関車は電気で走行することができ、排気ガスや温室効果ガスの排出をゼロにすることが可能である。このサービスだけで、毎年少なくとも17,000個のコンテナが道路から排除され、Tescoは730万マイルの道路走行と約9,000トンのCO2を削減することができる。

また、ティルベリー・フォース港でヨーロッパ各地の鉄道事業と連携することにより、生鮮食品の輸送にかかる二酸化炭素排出量を大幅に削減することが可能になる。

Tescoは、2035年までに自社事業における排出量を完全にゼロにするという公約を達成するため、鉄道貨物の利用を増やしている。過去1年間だけでも、鉄道で輸送される店舗向け青果物のコンテナ数は50%近く増加している。

【参照ページ】
(原文)A cool move to keep emissions on track
(日本語訳)TescoとDRS、提携し冷蔵貨物の鉄道輸送を開始 CO2排出量大幅削減に貢献

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る