ノキア、2040年までにバリューチェーン排出量ネット・ゼロを明言

2月26日、電気通信およびネットワーク技術企業のノキアは、2040年までに自社事業およびバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)排出量ネット・ゼロを達成するという新たなコミットメントを含む、一連の新しい気候変動目標を発表した。

発表は、ノキアによる長期的な気候変動目標の大幅な前倒しを意味し、ネット・ゼロ目標を従来の2050年から10年前倒しするものである。

ノキアは、新たな2040年目標に加え、自社事業の脱炭素化を加速させるための新たなコミットメントも発表し、2030年までにスコープ1、2、3全体でGHG排出量を50%削減するという中間目標の一環として、車両と施設の脱炭素化を完了させるという新たな誓約を行った。

スコープ3(バリューチェーン)の排出量は、ノキアのカーボンフットプリントの大部分を占めており、その排出量の95%以上が自社製品の使用によるものである。ノキアは、気候変動目標の達成に向けたネット・ゼロの道筋の中で、製品とソリューションのエネルギー効率の改善に重点を置いたいくつかの手段を強調した。

【参照ページ】
(原文)Nokia has committed to reaching net zero greenhouse gas emissions by 2040
(日本語参考訳)ノキア、2040年までにバリューチェーン排出量ネット・ゼロを明言

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る