ISS ESG、新しい水のリスク評価システムを開始

ISS ESG、新しい水のリスク評価システムを開始

3月22日、ISSの責任投資部門であるISS ESGは、投資家がポートフォリオにおける淡水関連リスクを特定・管理し、淡水に焦点を当てたポートフォリオや投資商品を構築し、水関連のスチュワードシップやエンゲージメントプログラムを実施できるようにすることを目的として、ISS ESG Water Risk Ratingを開始したと発表した。

新しい水のリスク評価システムは、淡水関連リスクへのエクスポージャーを判断するために、企業ごとに11の異なるデータポイントを評価し、これらのリスクに対する企業の管理状況を集約したスコアを提供するものである。

本ツールの採点方法は、業種・事業所の所在地・サプライチェーンのリスクに基づいて個々のリスクを探るWater Risk Exposure Classification(WREC)と、バリューチェーンにおける企業のリスク管理の実践や論争の可能性を考慮したWater Risk Management Performance Score(WRMPS)に基づいて企業を評価する。

本評価システムは、開始時に世界の約 7,400 社をカバーする予定である。ISS ESGによると、格付けされた企業の62%が、淡水関連のリスクが高い(18%)または中程度(44%)と評価されている。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Water Risk Rating on World Water Day
(日本語訳)ISS ESG、新しい水のリスク評価システムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る