イギリス、2023年に史上初のネット・ゼロ大西洋横断飛行を計画

5月14日、英国運輸省のグラント・シャップス長官は、来年末までに100%持続可能な航空燃料(SAF)を使用した史上初のネット・ゼロの大西洋横断飛行を実現するとの誓約を発表した。

本発表に伴い、シャップス氏は、航空会社、燃料製造会社、航空機またはエンジンメーカー、燃料供給会社などの業界参加者を支援するコンペを開始し、試験、研究、人件費への最大100万ポンド(約1億6,000万円)の資金提供を発表した。

SAFは、現在世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空業界の脱炭素化に貢献する重要なツールのひとつと考えられており、一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、従来の燃料と比較して最大80%の温室効果ガス排出量の削減が可能であると見積もっている。また、ネット・ゼロフライトを達成するためには、SAFの使用とGHGの除去を組み合わせる必要があるという。

現在、航空会社はフライトで最大50%のSAFの使用しか認められていない。イギリス政府は本発表の中で、SAF100%使用の試験と認可を加速させることを約束した。

規制要件に加え、SAFの利用拡大には、高い燃料生産コスト、インフラと生産規模の拡大のための大規模な投資の必要性、原料の入手性などの障害もある。政府は、これらの課題に対処し、国内のSAFセクターの発展を支援するために進めているいくつかのイニシアチブを概説した。これには、SAF指令の検討、SAFプラントの商業化を加速するための今後3年間の1億8,000万ポンド(約290億円)の資金提供とイギリスでの燃料試験クリアリングハウスの設立が最近発表されたことなどが含まれる。

【参照ページ】
(原文)First ever net zero transatlantic flight to take to the skies in 2023
(日本語訳)2023年に空を飛ぶ最初のネットゼロ大西洋横断飛行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る