バンク・オブ・アメリカ、オックスフォード大学スミス・スクールに約1.9億円寄付。気候変動・サステナブルファイナンスの研究支援

5月10日、バンク・オブ・アメリカは、オックスフォード大学のSmith School of Enterprise and the Environmentにおける温室効果ガスとサステナブルファイナンスの研究を支援するため、120万ポンド(約1.9億円)の寄付を約束した。本研究は、金融サービス部門における重要な意思決定に情報を提供し、ビジネスモデルが拡張可能で持続可能であることを保証するために、実行可能で公平な介入策を提供するものだ。

持続可能で安全かつ安価なエネルギーへの移行を加速し、ネット・ゼロへの道を前進させるためには、企業、学界、政府間のパートナーシップの成功が不可欠。

本施策は、バンク・オブ・アメリカにとってヨーロッパで初めてのパートナーシップとなる。今回の資金提供は、2つの中核分野における3年間の最先端研究を支援するだけでなく、同校が画期的でありながら資金がない持続可能な研究の機会をつかむためのディレクターズリサーチファンドへの資金提供でもある。

今回の提携により、サステナブル・ファイナンスと温室効果ガス除去に関するスミス・スクールの研究を拡大することが可能。2つの研究は、気候変動について議論する時代から行動を起こす時代に移行する上で非常に重要だ。

研究者1名は、経済的、社会的、環境的にスケーラブルな方法で温室効果ガスを大気から除去することに焦点を当てた温室効果ガス除去ハブ(CO₂RE)に拠点を置く予定。もう一人の研究者は、オックスフォード大学サステナブルファイナンスグループと英国グリーンファイナンス&インベストメントセンター(CGFI)の両方を拠点に活動する予定だ。彼らは、空間ファイナンスと、金融の意思決定における自然関連要因の統合に焦点を当てる。

スミス・スクールの、環境課題に積極的に取り組むためのシステム変革を推進する能力は、2021年に、これらの研究ポストの拠点となるCO₂REとCGFIに政府の支援を大きく勝ち取ることで認められた。巨大な国際的ネットワークと招集力を持つ世界クラスのグローバル機関。現在までに、同校はグリーン復興計画について世界20カ国の政府と協力し、その研究は世界中のグローバル金融機関に直接情報を提供している。

【参照ページ】
(原文)Bank of America in key partnership with Oxford’s Smith School to support climate and sustainable finance research
(日本語訳)バンク・オブ・アメリカ、オックスフォード大学スミス・スクールと気候変動・持続可能な金融の研究支援で重要なパートナーシップを締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る