GridBeyondが成長拡大に向け約85億円を調達

GridBeyondが成長拡大に向け約85億円を調達

4月16日、スマートエネルギー企業のグリッドビヨンドは、シリーズC資金調達ラウンドで5,200万ユーロ(約85億円)を調達したと発表した。

2010年に設立されたアイルランドを拠点とするグリッドビヨンドは、化石燃料に代わる断続的な再生可能エネルギーの増加により、需要のピークと一致しない供給変動が生じるエネルギーミックスの進化がもたらす課題に対処することを目的としたソリューションを提供している。

GridBeyondは、分散型エネルギー資源と電力市場のギャップを埋めることを目的としたAIを活用した技術プラットフォームを提供し、電力会社規模の再生可能エネルギー発電、蓄電池、産業用負荷を含む様々な接続資産をインテリジェントにディスパッチし、グリッドバランスを助けるために利用できるようにする。このプラットフォームは、予測負荷、天候、価格データを利用して、バッテリー、再生可能エネルギー、EV充電を含む分散型エネルギー資源の管理を支援する。グリッドビヨンドによると、このプラットフォームにより、発電事業者やネットワーク運営者からエンドユーザーに至るまで、関係者は価格とカーボンフットプリントを考慮してエネルギー利用を最適化できる。

2023年、グリッドビヨンドは米国内のすべての規制緩和市場にわたってチームを拡大し、ベリトーン・ビジネス・エナジーを買収し、一連の新製品を発売し、世界的にチームの規模を倍増させた。さらに、過去3年間で、同社は年平均70%増収しており、2024年にも同様の成長が予測されている。

グリッドビヨンドは、新たな資本は、同社の技術を進化させ、ソリューションの能力を構築し、規制の圧力と再生可能エネルギーの普及に直面している新たな国際市場への成長を促進するために使用され、さらに、同社の米国事業の拡大を支援すると述べた。

今回の資金調達ラウンドは、金融サービス・プロバイダーであるアラントラのエネルギー転換ファンド、クリマが主導し、新規投資家であるエナジー・インパクト・パートナーズ、ミローバ、ABB、コンステレーション、横河電機、既存投資家であるアクト・ベンチャー・キャピタルが参加した。

【参照ページ】
(原文)GridBeyond closes €52M Series C funding round to continue its platform evolution and invest in new & existing markets
(日本語参考訳)グリッドビヨンドが5,200万ユーロのシリーズC資金調達ラウンドを終了、プラットフォームの進化を継続し、新規および既存市場に投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る