ペルノ・リカール、ecoSPIRITSと循環型パッケージングに関する契約を締結

5月28日、ワイン・スピリッツ製造会社のペルノ・リカール社は循環型経済技術企業のecoSPIRITSとグローバル・ライセンス契約を締結したと発表した。同契約により、ペルノ・リカールは自社の蒸留酒ブランドをecoSPIRITSの循環型パッケージング技術で流通させる。

ecoSPIRITSでは、製品は一括して輸送され、再利用可能な4.5リットルのガラス製ecoTOTE™容器で配送されるため、ボトルやその他の二次包装の製造や輸送に起因する廃棄物や二酸化炭素排出量を削減することができる。

同契約では、キューバでハバナ・クラブ・ラムのクローズド・ループ・システムを導入し、サン・ホセ・デ・ラス・ラハスにあるハバナ・クラブの蒸留所に専用のecoPLANT™を設置すると発表した。キューバでの導入により、プレミアムスピリッツのパッケージングと流通に関連する二酸化炭素排出量を88%削減し、ガラス廃棄物を99%削減することが見込まれている。

2022年には両社がシンガポールにて開始したパイロットプロジェクトの一環として、ペルノ・リカール社の3つのスピリッツ・ブランドがecoTOTE™フォーマットで導入され、共同ブランドのSmartPour™テクノロジーを使用した店舗での販売に成功していた。両社は今回の契約により、対象のブランド・市場を拡大する予定である。

【参照ページ】
(原文)Pernod Ricard and ecoSPIRITS today announce entering a new stage in their relationship with a five-year global licensing agreement to enable the distribution of Pernod Ricard’s spirits brands in ecoSPIRITS’ circular packaging technology to on-trade venues around the world.
(日本語参考訳)ペルノ・リカールは循環型スピリッツ流通の世界的拡大に向けて EcoSPIRITS と提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る